X

シャンパーニュ公式ホームページへようこそ

このホームページを閲覧するにあたり、アルコール類の消費が法的に認められている年齢であることを前提とします。

MENU CLOSE

showsearch
シャンパーニュ産スパークリングワインだけがシャンパーニュ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • wechat
  • rss

ブドウ畑からワインまで

<

ワイン醸造

>

ルミアージュ(動瓶)

長い休息期間を経た後には、発泡段階で発生した澱を取り除き、シャンパーニュに再び透明性を取り戻す必要があります。ルミュアージュの目的は、デゴルジュマン(澱抜き)の準備として、沈殿物(澱とルミュアージュのための清澄剤)を瓶口に集めることです。

古くから伝わる手法

澱を瓶口に集めるには、熟成時に横に寝かされていたボトルを少しずつ瓶口を下にして倒立(シュール・ポワント)させなければなりません。
この作業をルミュアージュ(動瓶)と呼び、ボトルを少しずつ左右に回しながら立てていき、澱を瓶口の栓の近くに集めます。

手作業で行うルミアージュ

今も木製の台を使って手作業で行われることがあります。プロの動瓶士(ルミュアー)は、1日に約4万本もの作業ができます。

瓶底に付けたチョークの印を基準に、左右どちらかに45度または90度ボトルを回し、同時に水平に置かれたボトルを徐々に垂直になるまで立てて行きます。動瓶士や醸造担当者は、何世紀も前から、こうして連続的に瓶を動かすことで、粒子の大きな澱が小さな粒子を抱え込みながら沈むように仕掛け、ワインの透明性を完璧にしてきたのです。ボトルは1か月半かけて、平均25回手作業で回転されます。

ルミアージュの自動化

現在ほとんどの動瓶は機械化され、ボトル500本入りの金属製ケースごとルミュアージュできるようになりました。

ジャイロパレットという装置が導入され、週7日、一日24時間作業できるようになったので、手作業で約6週間かかっていたものが、1週間でできるようになりました。手作業でも機械でも、ワインの品質は全く変わりません。

その後、ボトルは瓶口に澱を溜めた逆立ちの状態で貯蔵され、次の段階であるデゴルジュマンの時を待ちます。