ブドウ品種

多様なテロワールに合う最適なブドウ品種を慎重に選別

シャンパーニュのブドウ品種はそれぞれ固有の特徴を持ち、テロワールの特性に基づいてさまざまに変化していきます。

大切に丁寧に扱われるブドウ

テロワールと伝統的な製法を結び付けるもの

シャンパーニュはアサンブラージュからつくられるワインです。 アサンブラージュでは、異なるブドウ品種を組み合わせることができ、それぞれが独自の個性をもたらします。 

シャンパーニュで使用される主な3つの品種はシャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエです。

19世紀の末、シャンパーニュ地方のブドウ畑にはまださまざまなブドウ品種が作付されていました。 この頃に、シャンパーニュ地方全体で、シャンパーニュワインの品質を高めようとする意志が芽生えます。そのためには、最高のブドウをつける品種を選ぶことが必要でした。 

こうして3つの主な品種が選別されました。 これらの品種の特徴は、糖度と酸度のバランスが良く、発泡に適していること、豊かで繊細な味わい、そして泡立ちが良いことです。

「ブドウ品種は、気候の変化に適応し、消費者がAOCシャンパーニュに寄せる期待に応えるために、細心の注意を払って選別されています 」

Lorem Ipsum  - ブドウ栽培者

 シャンパーニュ地方のブドウ品種: 3つの主なブドウ品種  シャンパーニュ地方のブドウ品種: 3つの主なブドウ品種

3つの主なブドウ品種

ピノ・ノワール

ピノ・ノワールの栽培面積はシャンパーニュのブドウ畑全体の38%を占めます。 モンターニュ・ド・ランスとコート・デ・バールで特に多く栽培されています。 早熟種、つまり成熟が早く、 石灰質土壌と冷涼な気候を好みます。 
シャンパーニュにボディと力強さをもたらし、
赤系フルーツと花(バラ、スミレ)のアロマが特徴です。

3つの主なブドウ品種

シャルドネ

シャルドネの栽培面積は全体の31%です。 コート・デ・ブランで特に多く作付されています。 樹勢が強く早熟種で、特にコート・デ・ブランのような白亜質の表土に適しています。 とりわけフレッシュな味わいをもたらします。
シャルドネ種をベースにしたワインは、フローラル、柑橘、時にミネラル系のアロマなど、繊細なアロマが特徴です。 長期熟成に適しています。

3つの主なブドウ品種

ムニエ 

ムニエの栽培面積は、シャンパーニュ地方全体の31%を占めています。 頑健で、シャルドネとピノ・ノワールに比べて発芽が遅いため遅霜の被害に遭いにくいという特性があります。 そのため、ヴァレ・ド・ラ・マルヌのような粘土質の土壌に適し、厳しい気象条件に耐えることができます。 ムニエとはフランス語で「粉屋」を意味し、若葉の葉の裏と花芽が白っぽく粉をふいたように見えることからこう呼ばれます。
シャンパーニュに黒ブドウ独特のまろやかな味わいをもたらします。 
しなやかでフルーティなワインができ、熟成が早く、黄色い果実独特のアロマが特徴です。

raisins noirs

シャンパーニュの文化

黒ブドウなのに…白ワイン?

シャンパーニュと言えば白が主流。しかし、原料となる主な3つのブドウ品種のうち、白ブドウ品種は1つだけです。 といっても驚くことではありません。黒ブドウは果皮は黒くても果汁は白いからです。 黒ブドウを漬け込むことで、果汁は果皮に含まれる色素に染まります。 

... ではロゼ・シャンパーニュは?

ロゼ・シャンパーニュも白のシャンパーニュと同じブドウ品種から造られます。 ロゼ・シャンパーニュの醸造には、次の2つの方法があります。 マセラシオンによるロゼ:黒ブドウを数時間漬け込んでロゼ色のムー(果汁)を得る方法。 もう一つの、アサンブラージュによる方法では、ベースとなる白ワイン(つまり発泡が始まっていないワイン)にシャンパーニュ地方の赤ワイン(非発泡性のワイン)を加えます。 

シャンパーニュの醸造

厳格に定義されたルールが、卓越した品質を保証

シャンパーニュ地方の景観を保護するために、そして何よりもシャンパーニュワインの品質を保証するために、植樹は法規制の下に厳しく管理されています。

ブドウ畑

シャンパーニュのブドウ栽培地

さまざまな地域に広がるシャンパーニュ地方のブドウ畑の景観は多様性に富んでいます。

シャンパーニュのブドウ栽培地