Tracteur dans les vignes

カーボンフットプリント

シャンパーニュ地方は、2002/2003年に世界で初めてカーボンフットプリントを算出したワイン産地です。

画像
カーボンフットプリント

カーボンフットプリントは、資源の生産から消費者まで、シャンパーニュ業界のすべての活動によって誘発される温室効果ガス(GHG)の量を表しています。

急速に変化する気候

気候変動 の影響は、すでにシャンパーニュ地方でも顕著に現れ ています。 1961年から2020年の間に、気温は平均1.8℃上昇しています。 春先の霜は、芽吹きが早いため、以前よりも被害が大きくなる傾向があります。。 収穫の時期もどんどん早くなっており、30年前と比べると平均で20日も早くなっています。

これらはすべて、シャンパーニュ業界の二酸化炭素排出量を削減し、気候変動に可能な限り適応するために、警鐘を鳴らし、具体的な行動を実行することが不可欠となるパラメータです。

世界で初めて二酸化炭素排出量を算出したワイン産地

2000年代初頭、シャンパーニュ業界は、全工程の環境監査を実施しました。 2002/2003年に世界で初めて二酸化炭素排出量を算出したワイン産地でもあります。 以来、5年ごと(2003年、2008年、2013年、2018年)に全データを更新し、排出削減のペースを監視しています。

画像
Frise

 

この診断では、ブドウ栽培、ワイン生産、包装、廃棄物、副産物など、シャンパーニュ産業に関連する項目の影響を測定しています。 例として、シャンパーニュ地方 が算出した最新のカーボンフットプリントをご紹介します。

画像
Bilan

 

意外にも、温室効果ガス排出量は、ブドウ畑とワインに関連する本業由来は15%未満、商品とサービスの購買が50%以上を占めています。

このことに直面し、シャンパーニュ地方では2005年に初の野心的な炭素計画を採択しました。 2015年には、2025年までにシャンパーニュ地方の総排出量を25%削減することを目標とする、「第2次シャンパーニュ・カーボン・プラン」が引き継がれました。 シャンパーニュ地方の二酸化炭素排出量は、2003年から2018年の間にすでに15%減少しています。

ご存知でしたか?

シャンパーニュ地方の観光も、この業界のカーボンフットプリントの計算に含まれています。

    Empreinte carbone
    カーボンフットプリント

    課題の大きさに直面した日々の仕事

    CO2排出量を削減し、欧州規模でカーボンニュートラルに貢献するためには、集団的な動員が必要です。 それは、あらゆるレベルのすべての当事者を関与させることです。 小・中・大規模のすべての行動が、真の変化をもたらすのです。 この方法は、多くの投資、特に資金を必要とします。 シャンパーニュ業界は、これが長期的な課題であることを認識しています。 謙虚で現実的な姿勢を保ちながら、小さな一歩を踏み出しているのです。

    こうして、業界の様々な関係者(ワイン生産者、シャンパーニュメゾン、機関、関連企業、サービス提供者、研究、銀行、マーケティングなど)の代表者120名の共同作業により、第2次シャンパーニュ・カーボンプラン (2015)が構築され、現在も進行中です。 6つの主要なテーマが特定されています。 機械を中心とした持続可能なブドウ栽培。 パッケージのエコデザインを中心としたサステナブルなワイン醸造。 エネルギー効率を重視した建物。 貨物輸送と旅客輸送。 サーキュラーエコノミー と ガバナンス。

    画像
    カーボンフットプリント

     

    短期・中期・長期のアクションのセット

    この野心的な炭素排出目標に向かって収束するために、業界全体でいくつかの具体的な施策が実施されています。

    • エネルギー多消費型の霜取りシステム、特に燃焼を利用したシステムの放棄。
    • 鉱物性肥料の使用量を大幅に削減。
    • ワイン醸造機械の研究開発業務。 電動トラクター、ロボット......。
    • トレリス素材のエコデザイン: 持続可能な方法で管理された森林から、地元で調達された木の柱を使用しています。
    • パッケージング・エコデザイン: シャンパーニュボトル、ボックス、カートンの軽量化 ... 2011年からは、ボトルの重量を900gから835gに7%削減し、年間8,000トン(自動車4,000台分)のCO2排出量を削減することが可能になりました。
    • シャンパーニュセラーのエネルギー効率改善: サステナブル建築、集団的エネルギー計測と節約運用、LED照明......。
    • 化石資源への依存を減らすために、バイオベースの製品を使用すること。
    • シャンパーニュ委員会のエクストラネットで、この分野のすべての専門家が無料でアクセスできるオンライン炭素計算機を導入すること。
    • 大規模輸出のための大西洋横断航路貨物の探索。
    • 業界の会議において、炭素問題に焦点を当てることによる集団動員。 総会、会議......。
    • 廃棄物やワイン製造残滓バイオマスの回収率を高める。
    • 植生回復、生け垣や植樹によるCO2吸収の向上、土壌への炭素貯蔵(コンポスト)。

    さらなる高みを目指して

    その他のコミットメントを発見する

    Fleurs
    環境
    生物多様性フットプリント
    Découvrir Découvrir
    Moûts
    環境
    サーキュラーエコノミー
    Découvrir Découvrir
    Rivière Marne
    環境
    ウォーターフットプリント
    Découvrir Découvrir