X

シャンパーニュ公式ホームページへようこそ

このホームページを閲覧するにあたり、アルコール類の消費が法的に認められている年齢であることを前提とします。

MENU CLOSE

showsearch
シャンパーニュ産スパークリングワインだけがシャンパーニュ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • wechat
  • rss

持続可能な成長

病害虫予防剤使用量の縮小と健康と環境を維持するためのリスク管理

第一の課題は、主にブドウの木を保護する薬剤に関するものです。

ブドウの木を守る

ブドウの木を保護する薬剤を使用するのは、それが天然由来のものであっても化学的なものであっても、技術的・経済的観点から必要なことです。シャンパーニュ地方のブドウ栽培地は、北に位置し、世界中の有名なワイン生産地と同様、病気や害虫が広がりやすい気候条件のせいで、特にその被害を受けやすいのです。

研究開発への投資

業界では、20年以上前から植物の病害虫予防剤に関する研究開発に多額の投資を行ってきました。

今日、こうした薬剤は、持続可能なブドウ栽培または有機ブドウ栽培の一環として、責任ある使用、分別を持った使用がされています。どのようなシステムが適用されていても、以下の大きな方針に変わりはありません。

  • 自然のバランスの尊重と予防(予防的手入れ)
  • リスク評価(天気予報の随時確認、警報のチェック、区画の観察、手入れ基準の取り入れ)
  • 人と環境にできる限り危険の少ない薬剤の選択(有機ブドウ栽培での天然薬剤の選択など)
  • 使用法、特に散布方法の習得

正しい判断のためのツール

具体的には、業界では、生産者が現場で正しい判断を下すための支援ツールを作成しました。

  • 技術参考手引書(持続可能なブドウ栽培、農薬空中散布)
  • 実践ガイド
  • 自動気候観測網
  • 疫学モデル
  • ファックスやインターネットを使用した警報システム
  • 監視ネットワーク(監督機関「マジスター」)
  • 薬剤選択用ソフト
  • アドバイスシートなど

水質汚染や大気汚染のリスクが大きいと判断した場合には、予防策として、国内や欧州内で使用が許可されている薬剤であっても、一部の薬剤の使用を中止するよう、業界がブドウ栽培農家に勧告することもあります。

ブドウ栽培アドバイザーによる支援

そのため、ブドウ栽培アドバイザー30名が活動をしています。毎週ブドウ栽培家訪問がコーディネートされ、市での会合に参加し、作業デモンストレーションを行い、パイロット区画を設置。電話でのアドバイスや感化教育を行い、カウンセリングをするなど、ブドウ栽培農家の支援を行っています。

結果は良好

こうした大規模な施策が実を結び、顕著な実績を上げています。 殺菌殺虫剤の使用は50%削減され、安全な使用法が確立されました。この点については、環境グルネルに先駆けて対策を取りました。中でも、特に最も危険性の高い薬剤と、環境への影響が最も大きい薬剤の使用が著しく削減されました。現在、シャンパーニュ地方で使用されている薬剤の50%はビオロジック農法で使用が許可されているものです。害虫の交配を抑えて繁殖を防ぐという技術をヨーロッパでいち早く導入し、従来の害虫駆除剤をかなり排除することができました。(2013年には13,200ヘクタールでこの方法を使用。これはAOC地域の40%に相当します)

ビオロジック農法によるブドウ栽培も広がりを見せており、この10年で5倍となりました。ただし、栽培面積はまだ全体のわずか1%にとどまっています。

  • 業界としての今後の目標は、これまでの取り組みをさらに拡大し、環境グルネルで設定されたフランスとしての目標である、殺菌殺虫剤の使用を2018年までにさらに50%削減することです。

  • <p同時に窒素肥料の使用を抑え、ビオロジック農法によるブドウ栽培拡大を目指しています。>
  • porttorrent.com