Rivière Marne

ウォーターフットプリント

水はますます希少な資源となりつつあります。 水の保存と消費管理のためにあらゆる手段を講じなければなりません。

画像
ウォーターフットプリント

ウォーターフットプリントは、シャンパーニュ業界全体における水の使用と排水処理の影響を考慮したものです。

水資源の保全は最重要課題

シャンパーニュ地方は降雨量がかなり多いのが特徴です。 しかし、気候変動が定着したバランスを崩す傾向にあり、水資源の保全が優先課題となりつつあります。

シャンパーニュの生産には、他のワインと同様に、特にタンクとプレスの洗浄に大量の水が必要です。 そのため、ブドウ園とセラーの両方で、この水を確実に回収し、再処理することが不可欠です。

Empreinte eau
ウォーターフットプリント

水資源保全のための具体的な取り組み

シャンパーニュ地方では、環境への影響をできるだけ抑えたいと考えています。 特に、水の使用量を削減し、排水の再処理に取り組んでいます。 ワイン廃液の処理システムに対する投資は、 1990年代半ばから発展し、2000年代に入って加速しました。 現在では、ワインの廃液を処理して自然環境に戻したり、農地への散布利用などが行われています。

また、このコミットメントは、他のいくつかの側面にも基づいています。

  • 農学的ケア、生物学的手法 またはバイオコントロール手法と自然のバランスの回復により、保護剤の使用量を大幅に削減することが可能です。例えば、性撹乱剤は、殺虫剤を使用せずにハマキガなどの害虫を防ぎ、益虫を温存することができます。 1999年には、すでにブドウ畑の15%が性撹乱剤によって保護されていました。 シャンパーニュ地方は、この技術開発の先進地となりました。 保護区は2010年に8,000ヘクタールに達し、その後もダイナミックに拡大し続け、現在では17,000ヘクタールに達しています。

     

    画像
    ウォーターフットプリント

    性撹乱剤による保護地域の進化(ヘクタール)

  • 一時的あるいは恒常的な土壌の草取りや機械的除草の発達により、1960年代に登場した化学的除草は徐々に姿を消しつつあります。
  • シャンパーニュ地方の人々は、雨水の浸透や排水を促進し、浸食を防ぐために、丘陵地の揚排水設備に多額の投資を行っています。
  • 水の消費量を減らすために、ワイナリーでは定期的に綿密な作業が行われています。

ウォーターフットプリントをコントロールすることは長期的な課題です。 しかし、その一方で、今後の課題も多くあります。

さらなる高みを目指して

その他のコミットメントを発見する

Tracteur dans les vignes
環境
カーボンフットプリント
Découvrir Découvrir
Moûts
環境
サーキュラーエコノミー
Découvrir Découvrir