X

シャンパーニュ公式ホームページへようこそ

このホームページを閲覧するにあたり、アルコール類の消費が法的に認められている年齢であることを前提とします。

MENU CLOSE

showsearch
シャンパーニュ産スパークリングワインだけがシャンパーニュ
  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • youtube
  • google+
  • wechat
  • rss

ブドウ畑からワインまで

<

ワイン醸造

>

ドザージュは、ボトルに打栓をする前の最後のひと手間。少量のリキュールを添加します。

糖分量を調整し、意図するシャンパーニュのスタイルに仕上げます。

ドザージュのためのリキュールは「門出のリキュール」と呼ばれ、多くの場合、サトウキビ糖をワイン1リットルに対し糖分500gから750gの割合でワインに溶かしたものです。

ドザージュに使用するリキュールの量は、仕上げのスタイルにより異なります。

  • ドゥー :1リットル当たり糖分50g以上
  • ドゥミ・セック :1リットル当たり糖分32g~50g
  • セック : 1リットル当たり糖分17g~32g
  • エクストラ・ドライ :1リットル当たり糖分12g~17g
  • ブリュット :1リットル当たり糖分12g以下
  • エクストラ・ブリュット :1リットル当たり糖分0g~6g

糖分3g以下、あるいは全く加糖をしていないワインには 「ブリュット・ナチュール」, "「パ・ドゼ」, 」、「ドザージュ・ゼロ」 の表示をすることができます。

意図するスタイルに仕上げるための最後のタッチ

ドザージュがシャンパーニュ醸造の中で果たす役割は、大小さまざまです。造り手がワイン本来の特性をすべて活かしたければ、リキュールはできる限りプレーンなものを使用します。そのため、デゴルジュマンで減った分は、サトウキビ糖を加えた同じワインで補います。

逆に、造り手が自分のワインのスタイルを補うため、ドザージュをアロマを加えるための最後の手段とすることもあります。その場合には、長期間樽やマグナムボトルに貯蔵しておいた上質のリザーブワインを用いてリキュールを準備しておきます。様々なアロマをあらかじめ準備しておき、シャンパーニュに最後に加えるタッチを選べるようにしておくのです。ドザージュの数か月前から、数々のリキュールでテストをし、求めるスタイルに仕上げるべく一つのリキュールを選び出します。

シャンパーニュボトルのラベル表示

ボトルのラベルには、糖分含有量の表示が義務付けられており、消費者に購入したシャンパーニュの糖分量がわかるようになっています。

  • porttorrent.com