MENU CLOSE

showsearch
シャンパーニュ産スパークリングワインだけがシャンパーニュ
Definitive protection of the Champagne appellation in Chile
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • linkedin
  • rss

Definitive protection of the Champagne appellation in Chile

In 2002, the European Union and Chile entered into an Association Agreement, stipulating that, at the end of an interim 12-year period, it would authorise use of the “Champagne” designation only to sparkling wines awarded the Champagne Protected Designation of Origin).

This interim period came to an end on 1st February 2015.

Champagne growers are delighted by the now official and permanent recognition of the Champagne appellation in Chile.

Market checks will be performed by the Comité Champagne (the industry's umbrella organisation) in the coming months to ensure compliance with this agreement.

また読む


ブドウの木とワイン15/8/2020
ブドウの木とワイン

Vendanges 2020

全新着情報


シャンパーニュ公式ホームページへようこそ

こちらのサイトをご覧いただくには、お住いの国や地域の現行法規で飲酒の認められた年齢に達していることが必要です。飲酒のできる年齢を定めた法律のない場合には、21歳以上である必要があります。

法律で定められた年齢に達していますか。

過度なアルコール摂取は健康を害します。節度ある適度な飲酒を。