Coteaux vitryats

ヴィトリー丘陵地帯

シャンパーニュのもう一つの表情

シャンパーニュをめぐる観光ルート

豊かな建築遺産

シャンパーニュ地方をめぐりながら、非日常的な体験や没入型体験、感覚を刺戟する体験など、さまざまな体験を味わう旅。

シャロン=アン=シャンパーニュからヴィトリー=ル=フランソワまで、この地区の歴史・文化の中心に分け入って、忘れられないひとときをお過ごしください。夜のボート観光や多感覚に訴える見学など、思い出に残る体験が楽しめます。

 ヴィトリー丘陵地帯、その建築、歴史、自然  ヴィトリー丘陵地帯、その建築、歴史、自然

シャンパーニュをめぐる観光ルートはさまざまな発見への誘い。 じっくりと時間をかけて探索する価値があります。 この発見の旅でご案内しているざまな活動や観光スポットに興味がおありの方は、ぜひ、数日間の滞在を計画して周辺の宿泊施設をご利用ください。 あまりお時間のない方も、最も興味のあるテーマだけをピックアップして一生忘れられないシャンパーニュ滞在を楽しんではいかがでしょう。

建築、歴史、自然をめぐるルート:

ヴィトリー丘陵地帯をめぐるこのルートでは、地方の史跡のいくつかを訪れます。 道は丘陵、山、平野を縫うように進みながら、ボカージュ・シャンプノワらしい建物が立ち並ぶ15余りの村々を結びます。 ルートの道々では、ブドウ農家やシャンパーニュメゾンが皆様を歓迎し、ブドウ園やカーブを案内したり、試飲させてくれたりすることでしょう。 

シャロン=アン=シャンパーニュ  

シャロン=アン=シャンパーニュは、シャンパーニュ地方の特に重要な都市です。 このルートは、豊かな建築および歴史的遺産を持つこの街の中心部からスタートします。 街の歴史的建造物の中でもノートル=ダム=アン=ヴォー教会(Collegiate Church of Notre-Dame-en-Vaux)は必見のモニュメントです。 ユネスコ世界遺産に登録されているこの教会の見事なステンドグラスとゴシック建築は、訪れてゆっくり鑑賞する価値のある素晴らしいものです。 4層構造で光がふんだんに差し込む明るい身廊を進むと、次第に安らいだ気持ちになります。 

いつもと違った形で街を発見したいなら、モー川でのボート観光がお勧めです。 ボートでの川下りを楽しみながら、ノートル=ダム=アン=ヴォー教会とその2つの尖塔、サント=マリー修道院(Couvent Sainte-Marie)、マルシェ城(Château du marché)など、街のさまざまなモニュメントを見ることができます。 また、夜の川下りでは、各種モニュメントをライトアップする音と光のショーをボートから鑑賞する、非日常的な体験が味わえます。 ファサードに映し出される光のショーは、子供にも大人にも忘れられないひと時となることでしょう。  

また、シャロン=アン=シャンパーニュには、2015年にシャルリー・エブド編集部が襲撃された際に犠牲となった有名漫画家カブ(本名ジャン・カブ)の青春時代のデッサンを展示するために作られた「Duducothèque」(デュデュコテーク)があります。 この場所は、展示、読書、研究、イベント、学習などが行われる多目的スペースでもあります。 この場所の名前の由来となった有名な「Grand Duduche」(グラン・デュデュッシュ)を含む初期のデッサンを通して、カブという漫画家の歩んできた道のりをたどってください。  

ヴィトリー=アン=ペルトワ 

ルートを30kmほど進むと、ヴィトリー=アン=ペルトワの村に着きます。 ここには、村で最も標高の高い場所であるフルシュ山(Mont de Fourche)があります。 小道の入口に車を置き、丘の頂上に続く坂道を登っていきましょう。 登りは少しきついかもしれませんが、その分、頂上に着いたときの達成感は格別です。 モザイク模様になったブドウ畑の風景が一望でき、どの季節、どの時間帯でも素晴らしい眺望を楽しむことができます。 あたり一面が金色に染まる夕暮れ時が特に美しいです。 

ヴィトリー=ル=フランソワ 

すぐ近くには、ヴィトリー=ル=フランソワがあります。 この街は1940年~1944年にかけて、建物の90割が破壊されました。 街の象徴的なモニュメントであるノートル=ダム=ド=ラソンプシオン教会(Collégiale Notre-Dame-de-l'Assomption)は、被害を受けたにもかかわらず、今でも昔ながらの姿を留めています。 教会の修復は1960年に完了しました。 マルヌ県で最も大きなこの古典様式の教会は、一見の価値があります。 400年以上にわたる歴史に分け入って、素晴らしい建築をゆっくりご鑑賞ください。 教会の南側のファサードにあるちょっとした珍しい日時計をお見逃しなく。

教会の前にはアルム広場(Place d’Armes)があります。 ベンチに座って休んだり、友人とおしゃべりしたりと、ヴィトリーの人々の日常生活に欠かせない場所となっています。 噴水の中央にあるマルヌ川の女神を象った見事な彫刻は、その慈愛に満ちたまなざしで遠くのマルヌ川の流れを見守っているかのようです。 コンサート、展示会、野外ゲーム、見本市などさまざまなイベントが催されるこの広場は、一年中活気にあふれています。 商店、バー、レストランが周りに立ち並び、まさしく街の中心となっています。 

また、市内にある「Espace Scénographie Vitry Champagne et Der」(ヴィトリー、シャンパーニュ、デールのセノグラフィースペース)も注目のスポットです。 ここは、地、火、空気、水の4つのテーマの部屋を通って多感覚に訴える小さな旅が体験できる場所となっています。 この地方の豊かな恵み、動植物、歴史の一端を発見することができます。 また、この地方の生態系のバランスを保つ上で重要な役目を果たすデール湖(Lac du Der)についても知ることができます。  

新鮮な空気を吸いながら、歴史、文化、自然をテーマに、シャンパーニュ地方の本質に触れることができる変化に富んだ観光ルートです。

シャンパーニュもお酒。節度を持って楽しみましょう。 テイスティングの際はスピトゥーンをご利用ください。ワイン生産者やシャンパーニュメゾン、一部のレストランでアルコール検知器具もご利用いただけます。 お気兼ねなくお尋ねください。:

Galerie d'images

写真で見るルート

Collégiale Notre-Dame-en-Vaux © Michaël Boudot
Vitraux Notre-Dame-en-Vaux © Michaël Boudot
Châlons-en-Champagne © Michaël Boudot
1
3
intertitle_builder
 Le Champagne dans la culture d'aujourd'hui  Le Champagne dans la culture d'aujourd'hui
カレンダー

地域で次回開催予定のイベント

カレンダーを見る
Visuels de grappe de raisins
雑誌

シャンパーニュ地方のニュース