X

シャンパーニュ公式ホームページへようこそ

このホームページを閲覧するにあたり、アルコール類の消費が法的に認められている年齢であることを前提とします。

MENU CLOSE

showsearch
シャンパーニュ産スパークリングワインだけがシャンパーニュ
  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • youtube
  • google+
  • wechat
  • rss

テロワールと原産地統制名称

シャンパーニュのテロワール

>

石灰質地層について

地下層はほとんどが石灰質です。地表堆積物も75%が石灰質(白亜質、泥灰岩、石灰石)です。この種の地層は水はけがよく、シャンパーニュの味に特殊なミネラル性を与えます。

各地区の地層

  • コート・デ・ブラン、コート・デ・セザンヌ、ヴィトリー・ル・フランソワとモングーのブドウ畑の地表は、白亜質石灰岩です。
  • モンターニュ・ド・ランスでは、白亜質石灰岩に他の地層が堆積しています。
  • ヴァレ・ド・ラ・マルヌ(シャティヨン・シュル・マルヌより西)とランス周辺の標高の低い山塊(サン・ティエリー山塊、アルドル谷、西側の山)は、泥灰岩、粘土質、砂地が主です。
  • コート・デ・バール(バール・シュル・オーブとバール・シュル・セーヌ)は泥灰岩です。

白亜質石灰岩のメリット

シャンパーニュ地方の白亜質石灰岩は、海洋微生物の死骸(コッコリス)を起源とする方解石結晶粒からなり、矢石類(古代の軟体動物の甲羅)の化石が含まれていることが特徴です。多孔質であるため保水性が高く(1mあたりの保水量300~400リットル)、夏の乾燥が激しい時期でも樹木に十分な水分量を確保します。

白亜質石灰岩は毛管現象により保水します。そのため、ブドウの木は水分を強い力で吸い上げなければなりません。そのおかげで成長期に程よく水分量が抑制され、果実の様々な酸味、糖分と、ワインのアロマを生み出す成分のバランスを取るのに役立ちます。

白亜質石灰岩について動画をチェックする