X

シャンパーニュ公式ホームページへようこそ

このホームページを閲覧するにあたり、アルコール類の消費が法的に認められている年齢であることを前提とします。

MENU CLOSE

showsearch
シャンパーニュ産スパークリングワインだけがシャンパーニュ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • wechat
  • rss

ブドウ畑からワインまで

<

ブドウ品種とブドウの木

>

マサルセレクションとクローン選抜

シャンパーニュの品質を保証するのは、ブドウ品種の改良です。20世紀初頭は、まだ様々な品種が栽培されていました。

品質を高めるための研究

20世紀初頭から、品質の最も良い苗木の研究から、ピノ・ノワール。シャルドネ、ムニエの3つの品種が選定されました。次のような基準により、シャンパーニュを構成するにふさわしいとされたのです。

  • 糖分と酸味のバランスが発泡と調和すること
  • 味わいが豊かで繊細であること
  • 発泡性がよいこと

マサルセレクション

一般に、各ブドウ栽培者は、「理想的な」株を選定しようと努めます。理想的な株とは、まず、病害のない、美しく健やかな果実のできる株でなければなりません。 次に、味の良いブドウができる株でなければなりません。この選抜作業のことを マサルセレクション. と呼びます。最も優れた果実をつける株を選び、穂木を取って移植することです。

クローン選抜とは

病害に対する抵抗力を増すため、さらに手法に改良が加えられました。それがクローン選抜です。.

1960年、シャンパーニュ地方の人々は、ブドウ栽培の行われていない土壌、つまり病原菌に侵されたことのない土壌に、ブドウ株研究所を創設しました。研究開始時、各地のブドウ畑から採取した数千の苗木に継続して科学分析を行い、病原菌に侵されていない品質の良いブドウ品種が選抜されました。

品質改良の始まり

19世紀末から20世紀初頭にかけて起こったフィロキセラの危機以来、接ぎ木には、フランス産品種とアメリカ産品種を交配して生まれた台木を使用しています。テロワールとブドウ品種の組み合わせが最高となるよう選ばれた台木です。

  • 41B 番は、あらゆる状況に適応し、特に白亜質土壌に適しており、シャンパーニュ地方で最も使用されています(総栽培面積の81% )。
  • SO4 番は、石灰分が中程度の土壌に適しています。
  • 3309C 番は、石灰分が少ない土壌に適した台木です。

数十年に及ぶ選抜作業を繰り返した結果、シャンパーニュ地方の3つのブドウ品種に約50のクローンが認可されました。シャンパーニュ委員会がこれをあらかじめ栽培して増やし、証明書付きの接ぎ木として配布しています。

この研究機関は、シャンパーニュブドウ栽培協会が最初に設立したものです。このような、基礎応用研究施設を擁するのはシャンパーニュのブドウ生産者だけです。