X

シャンパーニュ公式ホームページへようこそ

このホームページを閲覧するにあたり、アルコール類の消費が法的に認められている年齢であることを前提とします。

MENU CLOSE

showsearch
シャンパーニュ産スパークリングワインだけがシャンパーニュ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • wechat
  • rss

シャンパーニュを旅する

シャンパーニュの同業者団体

>

聖ヴァンサン大兄弟会 ― シャンパーニュ地方のブドウ栽培・ワイン生産者たちの集まり

シャンパーニュ地方では、ブドウ農家とシャンパーニュメゾンが共になって毎年聖ヴァンサン(英語=聖ヴィンセント)の日を祝います。毎年1月に、各村のブドウ農家やワイン生産者が集まり、守護聖人に前年の収穫を感謝し、新たに始まる作業の加護を祈る行事です。

歴史をひもとく

聖ヴァンサン、ブドウ農家の守護聖人

なぜ聖ヴァンサンがブドウ農家の守護聖人となったのでしょうか。これには諸説があり、正確なところはわかっていません。

聖ヴァンサンの日(1月22日)が、クリスマスと正月の直後にあたり、守護聖人を祝うのにふさわしい静かな時期だから、という人もいます。
太陰暦では、聖ヴァンサンの前後がブドウ畑の作業再開に適した時期だから、という説もあります。

そして、ヴァンサンVINCENTのつづりの中にフランス語のワインにあたるVINという言葉が含まれるから、というもっともらしい説もあります。

Fête annuelle de l'archiconfrérie Saint Vincent des Vignerons de Champagne

フランスのワイン産地各地で連綿と受け継がれる聖ヴァンサン信仰

1930年代に聖ヴァンサン大兄弟会が設立され、シャンパーニュ地方に100余りあった小さな兄弟会をまとめました。これは320の村に相当します。

しかし、この祭は長い間、村単位で行われてきました。共同で大規模な祝祭行事を行うアイディアが生まれたのは、1991年、ブリジット・シャンドン=モエ、ジャン=ポール・メダールおよびエペルネー兄弟会会長のミシェル・ジャニソンのイニシアティブによるものです。

エペルネー生まれの大規模な祝祭行事は、今ではシャンパーニュ地方を代表する各地でも定期的に催されるようになりました。たとえば、1998年にはランス大聖堂で、2007年にはサン・レミ聖堂で、2000年と2010年にはトロワで行事が行われました。

ブドウ栽培者とシャンパーニュメゾンのバランスを保つという原則に基づき、シャンパーニュ委員会同様ここでも、大兄弟会の会長は、シャンパーニュメゾンを代表するエヴリーヌ・ロック・ボワゼルとブドウ栽培者を代表するモーリス・ヴォルローの二人が共同で務めています。

組織

任務 :

  • 聖ヴァンサンの日を企画し、広報活動をする
  • シャンパーニュ地方にかかわるそのほかのイベントを企画または参加する
  • シャンパーニュ地方を代表するシャンパーニュ委員会のメンバーの活動を支援し情報を伝達する

運営委員会の構成 :

  • 大兄弟会会長2名
  • 副会長2名
  • 事務総長2名
  • 会計1名
  • 同業者組織代表としてシャンパーニュ委員会の広報分科会のメンバー2名
  • シャンパーニュ地方を代表する委員会選出のメンバー1名
  • その年の企画を担当する兄弟会の会長(またはその代表者)
  • シャンパーニュ委員会の渉外責任者