X

シャンパーニュ公式ホームページへようこそ

このホームページを閲覧するにあたり、アルコール類の消費が法的に認められている年齢であることを前提とします。

MENU CLOSE

showsearch
シャンパーニュ産スパークリングワインだけがシャンパーニュ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • wechat
  • rss

全長525kmに及ぶマルヌ川の中でも、最も眺めの良いのは、間違いなくシャンパーニュ地方のブドウ畑の合間を流れる部分です。エーヌ県では、シャトー・ティエリーの街(ジャン・ド・ラ・フォンテーヌの生地で、それを記念した博物館があるほか、祭典を毎年開催)の周囲には、見どころの多い村が広がります。クルット、シャルリー、ノジャン・ラルトー、ロムニー・シュル・マルヌ(多くの印象派画家が滞在)、メジー・ムラン(美しい教会)などがその一例です。

このルートの歩き方

ドルマン(13世紀の教会、ルイ13世の城、マルヌの戦いを記念した礼拝堂)を出発し、エペルネー方面に向かうと、丘陵の中腹を2本のルートが縫うように走っています。

左岸のルートは、トロワシー、マルイユ・ル・ポール、ウーイー(興味深い教会)、ブルソー(19世紀建設のルネッサンス様式の城)やヴォシエンヌ(美しい教会)を通ります。

右岸には、シャティヨン・シュル・マルヌ(ビューポイント、シャンパーニュ地方に生まれ、1095年第1回十字軍派遣を呼びかけた法王ウルバヌス2世の大きな彫像)、ダムリー(18世紀初めジャン・ラシーヌの悲劇のヒロインを演じたアドリエンヌ・ルクヴレールの生地)、オヴィレ(雄大なパノラマとドン・ペリニヨンが埋葬された大修道院教会)が連なります。

ヴァレ・ド・ラ・マルヌの地図

テイスティングとカーブめぐり

ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のブドウ農家とシャンパーニュメゾン

ブドウ農家やシャンパーニュメゾンを訪れ、その感動を分かち合い、シャンパーニュやその醸造についての話を聞いてみませんか。もしかしたら、普段は聞けない秘密が明かされるかもしれません。

ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のカーヴを検索