X

シャンパーニュ公式ホームページへようこそ

このホームページを閲覧するにあたり、アルコール類の消費が法的に認められている年齢であることを前提とします。

MENU CLOSE

showsearch
シャンパーニュ産スパークリングワインだけがシャンパーニュ
  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • youtube
  • google+
  • wechat
  • rss

シャンパーニュを味わう

<

シャンパーニュサービス

>

ボトル保管のルール

醸造者のカーヴはもちろん、消費者のカーヴであっても、シャンパーニュの保存には、いくつかの条件を順守する必要があります。

必須条件

シャンパーニュは完全に熟成した段階で出荷されますので、ヴィエイスマン(澱抜きおよびドザージュ後の熟成)はすでに醸造者によって完成している状態です。

しかしボトルを寝かせ、光や風を遮断した冷たい場所で保管することを条件に、数年間は保管が可能です。

順守しなければならない条件は以下です:

  • 温度変化が少なく低温(10度前後)
  • 高湿度
  • 光、騒音、振動のない場所で保管

ニュースになったのをご存知ですか:ヨンショーピングの難破船

バルト海の深さ63mに沈んでいた木造の難破船が、82年振りに引き上げられました。船内には、数千本にも及ぶ1907年産のシャンパーニュのボトルが積まれていました。

そのシャンパーニュをテイスティングしたところ、ハーモニーやフレッシュさ、エフェルヴェサンス(発泡)の全てのクオリティに遜色がなかったということです。保存状態が良かったことには、複数の要因があります。まず、海水に浸かっていた82年の間、コルク栓が傷まず、バクテリアやほかの生物が侵入しなかったことが挙げられます。


そして、この深さにあったボトルには、ボトル内部からの圧力に相反する水圧がかかっていた点です。ワインはこうして、エフェルヴェサンスを維持することができたのです。

また、海水の温度が0度前後に保たれ、完全な暗闇のなかに保管されていたことも幸いし、シャンパーニュの持つあらゆる特性を維持できたということです。

詳しくはこちらへ

「シャンパーニュサービス」の動画を見る

シャンパーニュの注ぎ方

グラスの選び方

シャンパーニュの注ぎ方

ボトルを開ける