X

シャンパーニュ公式ホームページへようこそ

このホームページを閲覧するにあたり、アルコール類の消費が法的に認められている年齢であることを前提とします。

MENU CLOSE

showsearch
シャンパーニュ産スパークリングワインだけがシャンパーニュ
  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • youtube
  • google+
  • wechat
  • rss

シャンパーニュを味わう

<

シャンパーニュサービス

>

シャンパーニュはよく冷やしてテイスティングを

シャンパーニュといえば、誰もが、グラスに注がれたときに最適の温度を得られるように、シャンパンクーラーやアイスバケットの中で冷やされているイメージを思い浮かべます。

最適温度:8度~10度

シャンパーニュの消費に最適の温度は、8度から10度の間です。

あまりキンキンに冷やしてしまうと、舌の味蕾(みらい)が麻痺してしまいます。結果、アロマの感知度が低くなってしまいますので気をつけましょう。10度を越すと、ワインは逆に「重く」なり、活気がなくなってしまいます。

上手に冷やすために

おすすめの冷却方法は二つあります:

  • 氷と水を入れたシャンパンクーラーの中で、30分間ボトルを冷やします。
  • または冷蔵庫の下段に、4時間寝かせて冷やします。

いずれにせよ、冷凍庫の中で冷やすのは厳禁です。また、シャンパーニュの発泡を妨げるので、ワイングラスを冷蔵庫で冷やすことは避けてください。

動画でシャンパーニュサービスをチェックする

シャンパーニュの注ぎ方

グラスの選び方

シャンパーニュの注ぎ方

ボトルを開ける